1835.10.23 メキシコ憲法廃止・メキシコ共和国成立

1835年[US059]10月23日、憲法が廃止され、メキシコ共和国が成立した。

以上、メモです。以下、若干の補足です。

連邦共和制から単一共和制への移行は、各州の独立運動や各地域への反乱を招いてしまいました。

特に、メキシコ合衆国(1824年[US048]10月4日〜1835年[US059]10月23日、1846年[US070]8月22日〜1864年[US088]4月10日)の下でテキサス革命(1835年[US059]3月2日〜1836年[US060]4月21日)が勃発していましたが、メキシコ共和国(1835年[US059]10月23日〜1846年[US070]8月22日)は1836年3月2日にテキサス共和国(Republic of Texas)の独立宣言を許してしまいました。

文責:四々縦七

関連記事

  1. 1902.07.01 フィリピンがアメリカの植民地となる

  2. 1845.12.29 テキサス共和国消滅

  3. 1810.09.16-1821.09.15 メキシコ独立戦争〜スペインからの独立を目指す戦い

  4. 2009.05.07 チャイナが公式に「九段線」を国際社会に対して主張した

  5. 1858.07.29 日米修好通商条約

  6. 2020.07.28 米CSISが二階俊博氏および今井尚哉氏を親中派として名指し