2009.05.07 チャイナが公式に「九段線」を国際社会に対して主張した

2009年[US233]5月7日、チャイナは、国連事務総長に対して提出した口上書に「九段線」が描かれた地図を添付し、南シナ海における海洋権益を主張した。

以上、メモです。以下、若干の補足です。

2009年[US233]5月7日、チャイナは、地理的根拠も法的根拠もなしに、国連において「九段線」を示して歴史的権利を主張し、南シナ海における海洋権益を主張しました。

日本語では、チャイナは1953年[US177]から主張していたと言う説明を目にすることが多い様ですが、アメリカの認識も当該主張は2009年[US233]以降ということですし、わたしはこちらを基準とします。

国際社会に対するチャイナの根拠なき南シナ海の海洋権益主張は、7年後の南シナ海仲裁裁判(South China Sea Arbitration、2016年[US240]7月12日)で『海洋法に関する国際連合条約 (United Nations Convention on the Law of the Sea)』違反と判断され、11年後のアメリカの声明(U.S. Position on Maritime Claims in the South China Sea、2020年[US244]7月13日)で「完全に違法(completely unlawful)」と非難されることとなります。

文責:四々縦七

関連記事

  1. 2020.07.13 アメリカが南シナ海のチャイナ権益を公式に否定

  2. 1902.05.20 キューバ共和国の成立 スペインからの独立

  3. 1810.09.16-1821.09.15 メキシコ独立戦争〜スペインからの独立を目指す戦い

  4. 1858.07.29 日米修好通商条約

  5. 1824.10.04 メキシコ新憲法採択・メキシコ合衆国成立〜連邦共和制で再スタート

  6. 1845.12.29 テキサス共和国消滅